<< 徳島マチ☆アソビvol.2来たよ その4 | main | 徳島マチ☆アソビvol.2来たよ その6 >>

スポンサーサイト

2013.03.10 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

徳島マチ☆アソビvol.2来たよ その5

2010.01.27 Wednesday | by けびぞう
 公録が終わって、ほっとする間もなくあと30分足らずで今度はufotableにて、トークイベント。
 前回行った人は判ると思うのだけれど、ギャラリーになっている部分に70名、カフェに30名の100名限定イベント。おいらは60番台後半でちと危ない処だったけれど、何とかギャラリーで参加。
 声優のイベント、というよりは業界関係者のイベントと化した前回と違い、今回は近藤隆さん始め、つきねこ組全員参加。読まれた質問も前回のノリで業界の裏側を知りたい、という物と、声優さんにこれを聴きたい、という物の真っ二つに別れていたのだが、今回は近藤さんも居るし、声優さんへの質問が多め。ま、客層を考えてもこれが妥当ではある。
 合計2時間に及ぶトークイベントの内、つきねこに関する物を限定すれば、その発言は殆どが納谷さんの酔った勢い、というのも前回同様。
 前回発言のあった「コミケには出ます」「何か販売します」「徳島また来ます」が全て守られている事を考えれば、今回の発言の信憑性は高いかも知れない。
 近藤社長にワインを散々注がれて、殆ど眠りそうになりながらも納谷さんが言った事、順不同で羅列なのは勘弁して頂いて。
「つきねこは、僕1人では決められない処まで話が大きくなっています」
「Liveはやります。というか、考えています」
(キャパ数千人の会場名を客席から提案され)「出来る訳無いだろう! 今、200くらいの箱(会場の事)探してるのに」
「今やりたいのは、AKBみたいに”この日にここに行けばつきねこに逢える”という場所を作る事」
「今年のつきねこは6まで出ます」
 印象に残ったのは、こんな感じ。まあ、翌日の公開企画会議(?)で更に何か云うていたので、その言葉はその時に。
 全体の印象でいうとufotable近藤社長&近藤隆さんのW近藤の仕切りで進む感じ。近藤隆さんのマネージャーの板垣さん(板橋さんかも)が途中から良い感じで酔っ払っていて、納谷さんもそうだけど、発言が面白くなっていってた。というか、関係者みんな呑みすぎ。
 前回イベントでの発言でファンになったアニプレックスの岩上さんは今回あまり出番無しだったのだが、今回も「オリジナルアニメは作らないんですか?」という質問、というか振りに対し「ソラノヲト」の話をしてくれた。年齢が38歳とは吃驚したけど。「アニメノチカラ」応援していますぜ、おいら。
 この時に近藤社長が「オリジナルアニメって見たい人、ちょっと手を挙げて」と訊いた時に、2/3が手を挙げたのも、少し感心した。ぶっちゃけた話、見る方だって、オリジナルは世界観やキャラクターが判らないのに見始める訳だから、恐いのだ。ラノベや漫画原作みたいにテキストが有って、感想を書く人が居て、記事が出て、という選択肢が無いから。それにも係わらず、これだけ見たい、という人が居るというのは、ここにはそれだけアニメ好きな人が集まっているんだなあ、と感心したという訳だ。
 あ、そうそう「春のソ・ラ・ノ・ヲ・トまつり」にも応募した。キタエリと「紅」の悠木碧ちゃんが来るんでね。
 今回は時間が早い所為もあって、飲み物が冷たいソフトドリンクのみ。寒い思いして表で待っていたので冷たいにしてもお酒が欲しかった処だが、高校生も多かった様なので致し方なし。あ、高校生は21時になったらきちんと帰ってたよ、偉い偉い。
 最後は全員から告知を貰って、近藤社長が〆。30分押しで終了は10時。相変わらず、こういうトークイベントは面白い。エコロジさんのとかもタイミングが合えば行きたいのだけれども。
 この後は、並んでいる時に知り合いになった大阪の方と徳島ラーメンを食べて解散。この方は徳島でミンゴスファンになったそうで、strawberryの大阪にも、神戸のつきねこにも参戦したとの事。基本はスフィアな方の様だ。CCレモンホールにも来てた、と云っていたし。
 で、ホテルに戻ってtwitterして、風呂に入って「つきねこ2」を聴きながらネタを纏めていたら、ネタ。
 ‥‥‥‥。

 で、漸く1日目が終了。2日目は、1エントリで終わらせるぞ‥‥。無理かな。

スポンサーサイト

2013.03.10 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
PR
Recommend
とらドラ! Blu-ray BOX(完全限定生産版)(Blu-ray Disc)
とらドラ! Blu-ray BOX(完全限定生産版)(Blu-ray Disc) (JUGEMレビュー »)

祝! BD-BOX化! これでいつでも一気見が出来る! 亜美ちゃん、まじ、亜美ちゃん‥‥。
Recommend
とらドラ!1
とらドラ!1 (JUGEMレビュー »)
竹宮 ゆゆこ
BD-BOXも買ったら、原作もね。
あなたはどちらのエンディングが好みでしょうか?
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM