<< 徳島マチ☆アソビvol.2来たよ その2 | main | 徳島マチ☆アソビvol.2来たよ その4 >>

スポンサーサイト

2013.03.10 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

徳島マチ☆アソビvol.2来たよ その3

2010.01.25 Monday | by けびぞう
 結局当日にブログ書くなどというマネは出来ない事が判明。ファミ通.comのスタッフさん凄いですなあ。本当に頭が下がる思いです。
 と。まあこちらはこちらのクオリティで。
 実はこの文章を書き終えた段階で、Gigazineさんが記事を書いている事が判明し、しかも写真盛り沢山なので、エントリの文章を変更。人、これを手抜きという。

 さてライブが終わり、みな「このあとの近藤隆ファンに席を譲らなきゃね」という建前で、つきねこ&納谷さんの処に集結。流石つきねこファン、このままでは終わらない事をみなご存じの様子。
「ああ、もういいや! 行くぞ!」との納谷さんの一声で、つきねこファンがつきねこを先頭に大移動を開始。本当にフリーダムな演者とファン達。
 そのまま今回のパラソルショップが並んでいるアーケード街を移動しながらも、皆アクサス達と少しばかりの会話を楽しんだり。何だろう、一体このユルい感じ。
 ダイスのブースに着いて程なくサイン会が開始。思ったよりも人が多かった為、最初の数人はCDの好きな所にサインを書いて貰えたのだが、おいらが居る辺りからは場所が限定。それでも、頼めば何とかなっていた様子だけれども、おいらはそのまま各人紹介の所にサインを貰い一通り(特に森谷さんと)話せたので満足。後は納谷さんに頼んで表紙にサインを貰って、と。
「ええっ?! 俺? サインなんかねえよ!」と云いながらも書いてくれない納谷さんではない。しっかり表紙の目立つ所にサインを貰い、少し納谷さんと話す。
 その後のイベントでも同じ事を云っていたので記事になるかも知れないけれど、「ホント、つきねこもよくここまで育ってくれたよ、だって、向こうの会場で近藤さんがライブやってるんだよ。それなのにこんなに集まってくれるんだものなあ」と一言。
 つーか、ほんとにおいら納谷さん好きね。書いていて思ったけど。
 兎も角。
 サイン会終了で、次は一日駅長イベント。このメインは近藤さんだしステージの様子からして200人近くいるファンが一斉に移動していたとすれば定員の100名はもう埋まっただろうと、駄目元で徳島駅へ。
 しかし行ってみたら参加用の入場券はまだ発売中。よし。
 で、寒い中ホームで待つ事になったのだけれども、この後のイベントの事を考えれば! と、駅員に「どんなイベントをやるんですか?」と問うと「?? 分かりません」。念のためもう一人。「いやあ、ちょっと。事務所の方で訊いて頂けますか?」って、もう反対ホームに渡っちまったし、もしイベント始まったら戻って来れない勢いで人は居るし。
 そうして開始時間も内容も分からぬまま30分程待っていたら、構内放送で「このあと、14時40分より、声優様によります案内放送が流れます」とのアナウンス。聴いていたら四国のお得な切符案内を始めたのだが、そのタイミングで何か前方に動き有り。
 ホーム全体に広がったファン達に何の注意も説明も無いまま(いやあったのかも知れないが聞こえなかった)、みんなが移動するから移動、という駄目イベントにありがちな展開に。取り敢えず前の方で何かあるらしいので、そこへ移動しようと思うが女性陣に阻まれて終了。暫く待っていたら目の前を近藤さん桑門さんが「一日駅長」のタスキを掛けて通過。と、その後に他のつきねこ組も制帽だけを被って通過。をを、森谷さんが‥‥(多すぎ)。
 この辺りから女性陣ほぼ全員が携帯やデジカメで撮影を開始。何せ注意を聞いていなかったので、ここには載せないけれど(もしかしたらネットに上げるのは禁止、とかかもしれないので)、一気にファンが距離を詰めた隙を狙っておいらも前方に移動。というか、つきねこ組を通り過ぎた位置で待機。
 どうやら特急列車の発車合図をするようなので発車時は兎に角、発車してしまえばこちら側を向くはず。との読みは良かったのだけれども、みな右手を挙げて見送っていたのでおいらの居た位置からだと右手で顔が隠れるという事象が発生。
 あーあ、駄目ダメですわ、おいら。
 そのまま声優陣はホームから退場。そして何故か出札口で1列に並んでの握手会開始。みな白手袋着用だったのは残念だったけれど、その手袋越しでも森谷さんの手の柔らかさが‥‥(しつこい)。
 で、最後が近藤さん。
「お疲れ様です」と声を掛けたおいらに、「ありがとう」と良い声で。
 惚れてまうやろーっ!
 や、まあ冗談だけどね、流石に。でも、いいなあ。結局、同性ファンの場合って、その声に憧れがあるんだよね。おいらの場合だと、山寺宏一さんとか石田彰さんとか前野智明さんとか、って。
 終わってみれば、一日駅長、だいぶ良いイベントだった。おいらからすれば声優の写真を撮れるってこと自体だけでも神イベントなんだけれどもね。
 しかし、こんな事ならもっと速写性のあるニコン持って行けば良かった。よりにもよって、アダプタでヤシコンのレンズ付けた5Dだけだものなあ。ストロボも付いてないしさ。
 とはいえ「何と、森谷さんの生写真ゲットだぜっ!」に、もっと喜ばなくてはならぬよな。

 といった処で3回目終了。続きは今日明日中にでも。

スポンサーサイト

2013.03.10 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
PR
Recommend
とらドラ! Blu-ray BOX(完全限定生産版)(Blu-ray Disc)
とらドラ! Blu-ray BOX(完全限定生産版)(Blu-ray Disc) (JUGEMレビュー »)

祝! BD-BOX化! これでいつでも一気見が出来る! 亜美ちゃん、まじ、亜美ちゃん‥‥。
Recommend
とらドラ!1
とらドラ!1 (JUGEMレビュー »)
竹宮 ゆゆこ
BD-BOXも買ったら、原作もね。
あなたはどちらのエンディングが好みでしょうか?
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM