<< 結局買うのよね | main | 今週のwebラジオ >>

スポンサーサイト

2013.03.10 Sunday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

今週の気になったアニメ

2008.12.15 Monday | by けびぞう
 最終回が近付いたり前半戦の山場だったりで色々と面白い展開が増えてきた。さて、今週も気になったアニメを。

・絶対可憐チルドレン 37話
 うわ、これは27話のエレキ照以来の作画回か。原画の人数が半端じゃないな。
 前回同様何じゃこの顔、ってのはあるが、後半のアクションシーンの作画だけでなく、前半のコンテや演出の間とかも良かった。是非またこのスタッフで2、3話よろしく。

・とらドラ! 11話
 父親と娘の関係、ってのは娘の居ないこの身には今一つ分からない処ではあるのだけれど、友人や同僚の話を聴くだに甘やかしそうな感じではある。とはいえ、好きな女が出来れば優先順位は嫁さんになりそう、という気もするし、別れてしまえばまた娘へ、と身勝手な親、というより男の心理ではあるなあ。
 親が居るから甘えられるという事に甘えているという意見も判るのだけれど、女と娘を比べた上で女を選ばれた娘には父親は憎かろうな、と。

・喰霊 -零- 11話
 作画や話、構成までトータルで考えると、この作品が今期1番なのか、と思ってしまうなあ、やはり。始まる前は殆ど気にしていなかったのだけれど、始まってみれば1話からべた褒めしてる。まあ、百合回はおいら的にどうでも良いんだけれど。
 さて、あと1話。どう決着を付けてくれるのか。

・ヒャッコ 10話
 前回と逆に、虎子も実は迷惑ですよ、って話。いや、今回の見所は昼飯についてとやかく云う委員長だ!

・かんなぎ 11話
 さてエンディングに向けてシリアスのスタートかな。わざと置き去りになっていた、ナギは何者で、何をしているの? というのが最終回へのネタの様だ。原作の騒動に釣られて、ついネタバレ的に先を見てしまったけれど、まあ、アニメはアニメ、という事で何らかの決着は付けてくれるだろう。最終回以外は良かったバンブーブレードの倉田英之が脚本だし。って、あれ?

・とある魔術の禁書目録 11話
 なるほど、一方通行(アクセラレータ)とはそういう事か。シスターズが沢山居る事を先に見せてしまうのは面白いな、と思ったけれど、そんな重要な情報をべらべらとしゃべる筈がない。どう考えても主人公ではなく視聴者に説明しているのであって、人、それを説明台詞というのだ。脚本でやっちゃいけない5本指に入る事だね。
 ま、この作品、説明台詞ばかりなんだけど。

・夜桜四重奏 -ヨザクラカルテット- 11話
 いよいよ特攻。列車砲まで出て来たけど、東京タワー折れないの? 当たってないの? あれ。ひょっとして円神が全て受け止めたのか。「言霊使いがのど飴舐めたらどうなるか‥‥」ってのは良い台詞だなあ。ちと気に入った。
 これも来週は最終回かな。

・キャシャーンsins 11話
 この作品、1クールで終了と思っていたので展開の遅さを気にしていたのだが、2クールなら少し納得。初代キャシャーンと同様のロードムービー風な1話完結の展開も頷ける。
 今回は本当に初代風の、今となっては古風な仕立ての脚本(褒め言葉)に、岸田隆宏、梅津泰臣を筆頭に最高の作画だった。実は作画の線は細い方が好きなので、1話よりも今回の方が好みだ。
 こういう回が出来たりするから、ずるずると見ちゃうんだよなあ。

・あかね色に染まる坂 11話
 えーっと、とらドラ同様、嫌いなタイプの話じゃないんだけれど。 妹、だからね。血は繋がってないかもしれないけど。まさか妹エンド、って事はないよなあ。
 で。油断してたら、最後の予告に笑った。「二十面相の娘」かい。

・ケメコデラックス! 11話
 こちらもいよいよ大詰め。ケメコ誕生秘話で終了かな。どんな理由としても展開は読めるけど、水島努なら何かやってくれるだろう。

・CLANNAD -after story- 11話
 今の主役は岡崎なのは判るが、渚ほか、みんなさておきだなあ。何もここまで1人に入れ込まんでもいいような気がする。あまり続けると視点が偏ると思うのだけれどもねえ。


スポンサーサイト

2013.03.10 Sunday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
PR
Recommend
とらドラ! Blu-ray BOX(完全限定生産版)(Blu-ray Disc)
とらドラ! Blu-ray BOX(完全限定生産版)(Blu-ray Disc) (JUGEMレビュー »)

祝! BD-BOX化! これでいつでも一気見が出来る! 亜美ちゃん、まじ、亜美ちゃん‥‥。
Recommend
とらドラ!1
とらドラ!1 (JUGEMレビュー »)
竹宮 ゆゆこ
BD-BOXも買ったら、原作もね。
あなたはどちらのエンディングが好みでしょうか?
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM